アプリケーション開発保守支援

IBM Power Systems "IBM i" (System i,i5,iSeries,AS/400) アプリケーション開発保守支援ツール

ss/tool

IBM Built on Express Advantage オファリング認定ソリューション

IBM-VLS(ベンダー・ロゴ・ソフトウェア)商品

SS/Toolとは

 IBM i 搭載PowerSystems(AS/400,System i,i5,iSeries)の、アプリケーション・システム構成情報を迅速かつ正確に洗い出すことができるツールです。

 アプリケーションと同一プラットフォームで稼動するため「速く、正確に、直感的に」開発生産性の向上、および各種ドキュメント作成を支援します。

このような問題解決に最適!

  • 長期にわたるアプリケーション使用の中で、仕様書がない
  • 増大したデーターベースに手が付けられない
  • データーベース構造の問題でプログラムに影響が出ている、アプリケーションが不安定
  • アプリケーションの品質を向上させたい
  • レガシーシステムの洗い出しが必要、開発担当が変動しソースに信憑性がない
  • リプレースやコンバージョンのためアプリケーション・DBを解析/分析する必要がある 等
sstool

SS/TOOL 主な特長

 データベースの診断、管理、分析をオンラインで即時処理。IBM i 搭載PowerSystems(AS/400, System i, i5, iSeries)の為のデータベース保守管理機能からドキュメント作成機能など様々な便利機能をご提供します。

  • IBM i 搭載PowerSystems(AS/400,System i,i5,iSeries)単独で稼動するため面倒な設定が不要、導入後すぐに稼動させることができます。
  • 操作/使用方法がわかりやすく、IBM i 搭載PowerSystems(AS/400,System i,i5,iSeries)未経験者でも簡単に使用できます。
  • 関連情報は実行オブジェクトより情報解析を行う為、最新情報を正確に把握できます。
  • 各解析結果のアウトプットは目的に沿って選択することが可能です。
画面 リアルタイムに直感的な照会を実現
スプール 可視化された構造図や利用価値のある情報を出力
データベース OUTFILE出力により、解析情報をQUERYやCSVで多目的に利用可能
PDF グラフィカルで、活用/保管が容易なPDFファイルを作成
  ※オプション機能(PowerSystems上で稼働、専用サーバー等一切不要)
  • 各機能全てがコマンド化されているためバッチ運用も可能です。
  • 自社開発100%ソリューションですので、ご要望事項を柔軟にカスタマイズ対応致します。

プログラム関連処理

 アプリケーション関連をベースとしたファイルやプログラムの連携処理をリアルタイムに照会します。

sstoolprog

 プログラム-ファイルの相互関連、各オブジェクトの作成/使用情報、ソースとの整合性や物理ファイル/論理ファイルの従属性など、システム構成の直感的な検証が可能です。

sstoolprog

 実行オブジェクトより取得した、見やすく有効な情報のアウトプットを作成します。

ファイル-プログラム関連図 ファイルを中心としたプログラム関連情報一覧
プログラム-ファイル関連図 プログラムを中心としたファイル関連情報一覧
親プログラム検索一覧表 指定されたライブラリーから親プログラム(各JOBの
先頭プログラム)を検索し一覧出力
プログラム構成図 指定されたプログラム以下の下位プログラムの構成を
BOX形式で出力
ILEプログラム構造図 ILEバインドモジュール一覧
プログラム仕様書 プログラムの関連ファイル、プログラム相互関連、
バインド情報等を仕様書形式(A4縦)にてリスト出力
アクセス・パス一覧表 物理ファイル、論理ファイルのアクセスパスを、見やすい
一覧形式で出力

※他にも多様な機能があります。各種ドキュメントは出力サンプルをご確認下さい。

ソース・メンバー処理

 ソースの編集を支援します。

sstoolprog

 実行オブジェクトの作成元ソースより、見やすく有効な情報のアウトプットを作成します。

ソース内複数文字列検索一覧表 複数の文字検索結果を、PDM検索より見やすい一覧で出力
検索ステップ番号・該当レコードの出力が可能
ソース・メンバーリスト IF,DOの構造化を追記してソースリストを出力
プログラム内部構造図 RPGソース内部のサブルーチン構造をわかりやすくBOX形式で出力
デザイン・リスト DSPF, PRTFよりレイアウトを出力
CLジョブ・フロー 作成元のCLソースを解析してジョブフローを作成

※他にも多様な機能があります。各種ドキュメントは出力サンプルをご確認下さい。

フィールド情報処理

プログラム内で使用しているフィールドを解析し、ファイル毎にアウトプットします。

ファイル・フィールド・
プログラム関連表
ファイルの項目ごとに、使用しているプログラムを
確認できるマトリックス表を出力
プログラム使用項目一覧表 プログラムが使用しているフィールドの一覧を
ファイル毎に整理してアウトプット(項目にセット
している内容も出力可能)

データ処理

データベース内のデータを解析するほか、指定項目への一括セットが可能です。

データ・セット 指定したフィールドのデータを全レコードに対してセット
フィールド使用状況チェック 選択されたフィールドの使用状況(使用桁数等)を解析

帳票サンプルPDF

稼働環境

ホストIBM i 搭載PowerSystems(AS/400,System i,i5,iSeries)全形式シリーズ
O/S i/OS (i5/OS・OS/400)   V5R4M0以降


チラシ 

「SS/TOOL」広告パンフレット(PDF)「SS/TOOL」広告パンフレット(PDF)    ※詳細情報は資料請求をご利用下さい。

お問い合せ

ソリューション営業部  E-Mail:solution@istechnoport.co.jp    TEL:03-5765-2501                  

このページのTOPへ

IBM Business Partner

HOME製品紹介サービス事例紹介ダウンロードセミナー/イベントパートナー会社概要資料請求リクルート個人情報保護方針ニュース一覧