S/D Manager Project管理

システム運用管理

IBM Power Systems "IBM i" (System i,i5,iSeries,AS/400) プロジェクト管理ツール

SDM/PRJ

IBM Built on Express Advantage オファリング認定ソリューション

IBM-VLS(ベンダー・ロゴ・ソフトウェア)商品

S/D Manager Project管理 (SDM/PRJ)とは

「S/D Manager Project管理」は、システム開発・運用をサポートする管理ツールです。
システム開発から本番移行までの運用管理を簡単・確実・安全に行う事が出来ます。

sdmprj

このような問題解決に最適!

日本版SOX法(J-SOX法)施行にともないIT内部統制対策が必要になった
  • プログラム変更のリクエストは正式な変更管理手続きに従う必要がある
  • プログラムの本番への移行は権限を与えられた者のみに制限する必要がある
  • アプリケーションの修正履歴を残す必要がある
  • 開発から運用に至るIT管理基盤となる統制システムが必要
開発プロジェクトの発生から本番移行までを一元管理したい。
  • 新規開発や機能追加・修正作業を頻繁に行っている
  • 外部ベンダなどの委託開発の管理が不十分
本番システムへの移行作業を安全・確実に行いたい。
  • 本番リリース時の不正やミスを無くし、システムの品質を向上させたい
  • 開発運用の体制を整えたい

S/D Manager Project管理 (SDM/PRJ)の特長

S/D Manager Project管理 (SDM/PRJ)主な機能

開発プロジェクトの基本的な流れ

システム運用プロセス内での権限による担当者の職務分離
利用部門からのリクエスト受付から、開発対象メンバーの登録、本番登録依頼、本番登録処理など
各プロセスでの職務権限を設定し、それぞれの担当者の職務分離を明確にした運用が可能です。
sdmprj図解

セキュリティーと開発および移行実績の管理 

アプリケーション移行の際のセキュリティー設定や移行実績の履歴管理、ソースの履歴管理を自動で
行うことができるため、移行作業の簡素化だけでなく管理面でも十分な効果を上げることができます。

ソース・メンバーの自動履歴管理

ソースの履歴管理を同時に行う為、開発担当者が独自に履歴保管を行う必要はありません。

本番登録、配布の自動化

開発作業が完了したプロダクトの本番環境への登録処理や配布処理が完全自動化されます。
登録要求処理を行えるのは権限を持った担当者に限定され、移行プロセスは全てログ管理されます。

本番登録処理では、ソースの移行、旧ソースのバックアップ、コンパイル、オブジェクト権限設定、
オブジェクト移行、データ・コピーなどが自動化されます。

sdmprj図解

環境設定

「S/D Manager Project管理」を使用する上で必要な環境設定を行います。

リクエスト管理

エンド・ユーザー部門より依頼されたプロジェクトの情報登録および開発・本番移行状況の管理を行います。

本番登録処理

リクエスト管理で登録されたプロジェクトごとに、開発対象となったメンバーを登録簿に登録し、
その登録簿を基に開発環境から本番環境への移行処理を下記のように自動的に行います。
(※スケジュール指定による実行が可能です)

移行手順

1. 開発から本番へのソース移行

2. 本番環境でのコンパイル

3. 本番オブジェクトの権限設定

4. 変更ソース・メンバーの自動履歴管理
   (自動バックアップでプログラム・ソースの複数世代管理が可能)

5. 本番登録ログ管理

本番登録時にバックアップされたソース・メンバーを任意に復元することも可能です。

帳票サンプル

稼働環境

ホスト側 (マシン) IBM Power Systems ”IBM i ”(System i ,iSeries i5,AS/400)全形式シリーズ
ホストOS i/OS (i5/OS・OS/400)  V5R4M0以降
開発言語 RPG、ILE、COBOL
環境言語 日本語

製品パンフレット 

「S/Dマネージャー PRJ」広告パンフレット(PDF) 「S/Dマネージャー PRJ」広告パンフレット(PDF)     ※詳細情報は資料請求をご利用下さい。

お問い合せ

ソリューション営業部   E-Mail: solution@istechnoport.co.jp     TEL:03-5765-2501  

このページのTOPへ

製品メニュー